1. マンガでわかる経済入門
11

自由競争と独占禁止法

独占禁止法

新規参入のパンダ、消費者のキツネ、販売店のウサギもみな困っています。

独占禁止法

市場経済では、市場で自由に競いながら物やサービスが売買される「自由競争」が基本です。自由競争が進むと、少数の売り手だけが勝ち残り、利益を求めて競争をやめたり、他の売り手のじゃまをしたりすることがあります。
日本では、「公正取引委員会」という国の役所が、「独占禁止法」によって、これらの行為がないように監視をしています。

目次へ