早わかり経済入門

目次へ

円高・円安の巻

円高とは?
円が、海外の通貨に対して高くなるとどういうことが起こるのでしょうか?
アメリカ車 3万ドル
クマ
カッコイイ車だろ!
これと同じのを先月
270万円で買ったんだ
パンダ
ぼくも
欲しいなぁ
アメリカ車 3万ドル
キツネ
今なら240万円ですよ
パンダ、クマ
え!同じ車なのに?
キツネ
クマさんが買った時、1ドル90円でしたが、今は80円
10円ドル安・円高になったんですよ
一ヶ月前 1ドル90円 270万円=90円×3万ドル/現在1ドル80円 240万円=80円×3万ドル
パンダ
ドルが10円安くなると、あの車が30万円も安く買えるんだ
キツネ
ドルが、円に対して安くなると
「円高・ドル安」といって、
ドルで取引しているモノが安く買えます
キツネ
アメリカへの旅行はもちろん
ドル建ての海外ブランドモノも
安くなりますよ♪
ハワイ旅行大幅値下げ!
クマ
ドルで輸入をするものは
なんでも安くなるのか!
パンダ
ということは逆に輸出している会社は儲けが少なくなっちゃうね
輸出業者のタヌキさんの場合は・・・
タヌキ
えっ?
240万円?
1ドル=90円のときと
比べて30万円も
損しちゃった・・・
一ヶ月前 1ドル90円 270万円=90円×3万ドル/現在1ドル80円 240万円=80円×3万ドル
解説
円高・ドル安とは、アメリカのドルに対して、円の価値が上がる(高くなる=「円高」)ことで、円に対してドルの価値が下がる(安くなる=「ドル安」)ことでもあります。円の価値が上がると、1ドルで交換できる円が少なくなります。
まとめ
  • 日本の通貨である円が、海外の通貨に対して価値が上がることを円高といいます。
  • 円高になると、輸入関連産業が恩恵を受ける一方、輸出関連産業は損をします。
目次へ