1. 簡単?難しい?株知識
9

株式ってなぁに?

証券会社って何をする会社なの?

僕たちが株式を売ったり買ったりするときの窓口になるのが証券会社だ。この証券会社の仕事には、大きく分けると4つある。
まずは、人々の株式の売買を仲介する仕事だ。これを「ブローカー業務」という。

「ブローカー業務」「ディーラー業務」

「ブローカー業務」「ディーラー業務」

「ブローカー業務」は、株式を買いたい・売りたいという人々の注文を広く受け付け、それを証券取引所に伝えるという、いわば人々の代わりに取引を成立させる仕事だ。これは証券会社の本業中の本業といえる。仲介したときに人々から受け取る手数料は、証券会社の大きな収入源だ。

証券会社はまた、売り買いを仲介するだけではなくて、証券会社自身のお金で株式を売ったり買ったりするという仕事もしている。これを「ディーラー業務」っていう。株式などを売買することで収益を得たり、また証券会社自身が取引に参加することで、売買が成立しやすくなるようにしているんだ。

「アンダーライティング業務」「セリング業務」

株式は、「会社がお金を集めるための道具」だと一番はじめに言ったね。会社が株式を発行してお金を集めるのを手助けするのも、証券会社の大事な仕事なんだ。株式を発行した会社は、株式を買ってくれる人を自分で探してもいいのだけど、それには手間も時間もかかって大変だ。そこで、株式の専門家である証券会社に、株式を買ってくれる人を探してもらうんだ。

「ブローカー業務」「ディーラー業務」

株式を発行した企業から、株式を買い取って、それを広く人々に売る仕事を「アンダーライティング業務」、新たに発行された株式を一時的に預かって、買ってくれる人を探して売る仕事を「セリング業務」っていう。

ちなみにこの4つを全部やっている証券会社を「総合証券会社」っていうんだよ。

日野先生からのアドバイス

投資家の注文の仲介をするだけでなく、自らも株式の売買をしています。証券会社自身が取引に参加することで取引のボリュームが増えて、売買が成立しやすくなっています。