1. 簡単?難しい?株知識
7

株式ってなぁに?

みんなが安心して株式を売り買いできるように・・・

株式を手に入れるには

株式を手に入れる方法

株式を手に入れる方法は、2つある。ひとつは、「うちの会社に出資してください!」という会社に対してお金を出資して、その引き換えに株式を手に入れる方法。もうひとつは、すでに株式を持っている人から買う方法だ。たいていはこちらの方法で手に入れているんだ。

株式を買った人はそのときから、その会社の株主の1人になれる。そして、その会社が利益を出せば、配当を受け取ることができたりするわけだ。

株を売り買いする場所

買った株式の会社が倒産してしまったりしたら困るよね。
また、買った株式を気軽に売れるようなシステムがないと、急に「株式をお金に替えたい」と思ったときに不便だよね。

証券取引所

そこで、「成績表をきちんと発表している会社の株式だけを自由に売り買いできる場所」があると安心だよね。一方、企業としては、できるだけたくさんの人が、自分の会社の株式を買ってくれたほうがいい。

「株式をほしい」という人が多ければ多いほど、また新たに株式を発行して、たくさんのお金が集めやすくなるからだ。 そこで考え出されたのが、「証券取引所」というものなんだ。

証券取引所と証券会社

取引

証券取引所は、株式を集中的に売り買いする専門の場所だ。
そこでは、一定の資格を持った「証券会社」を通じて株式がいつも売買されている。
証券会社の役割は、僕たちに代わって株式売買注文をすることだ。

株式の取引は法律で厳しいルールがある。僕たちが直接証券取引所に行って、売買の交渉をすることはできない。証券会社がルールに基づいて、投資家と証券取引所の仲介役となって、株式の売買をしているんだ。

証券会社に「ソニーの株式を買いたい」とか「トヨタの株式を売りたい」とかいう注文を出せば、全国どこからでも、気軽に株式が売り買いできるようになっている。

証券取引所で売買されている株式は、「成績表を発表している会社の株式」だ。僕たちは、その企業の経営状態は好調なのか不調なのか、比較的簡単に調べることができるんだ。

日野先生からのアドバイス

株式を集中的に売り買いする専門の場所として証券取引所があります。取引を集中することでいつでも適正な価格で売り買いすることができます。