1. お金について考えよう
2

モノの値段と価値

高い?安い?値段と価値を考える

レストランのランチが“1000円”これって高い?安い?
~「心のサイフ」によって、値段の感じ方が違ってくる

高いと感じるか安いと感じるかは、自分のおサイフの中に入っているお金の額によってももちろん違ってきます。
毎月のお小遣いが500円の小学生にとっては、3000円のゲームソフトは高く感じるでしょうし、大学生であれば、3000円のゲームソフトは安く感じるかもしれません。

さらに私たちは、実際のおサイフのほかに「心のサイフ」を持っていると言われます。
「お昼ご飯は○○円ぐらいまで」
「洋服は○○円ぐらいまで」
という具合に、無意識に自分の心の中で値段の目安を決めていることが多いのです。
その目安を超えると、値段が高いと感じます。

今、手元に持っているお金の額は同じでも、「お昼ご飯は500円まで」と考えている人にとっては、1000円のランチは高く感じますし、「お昼ご飯は1000円ぐらいまで」と考えている人にとっては、500円のランチはとても安く感じるはずです。

こうした自分なりの基準と値段を見比べて、買うべきかどうかを考えることも大切なことです。

基準
  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3

目次へ

次の章へ